オクラを くれた人は しばらくは好きです。

こんばんは^^

 

 

管理栄養士 奥田千晶です。

はじめましての方は《》

 

 

 

少しずつ日の入りが早くなってきましたね。

 

 

 

ショップでは秋ファッション、

本屋さんでは秋のお出かけ特集、

スーパーでは秋味ビール、

 

 

 

もうすぐ「秋 」感満載ですね^^

 

 

 

このくらいの時期から

なんとなく感じるお肌の違和感。

 

 

 

「なんだかハリがない。。」

「うるおいがイマイチ。。」

「メイクノリがなんとなくよろしくない。。」

 

 

 

この正体は、

 

 

 

強い紫外線、

冷房、

睡眠不足、

 

 

 

積もり積もって現れる、

夏の疲れ肌。

 

 

 

放っておくと

ゴワゴワガザガザ肌荒れに。。

 

 

 

食べ過ぎを放っておくと太ってしまうダイエットと同じく、

“ 違和感をちょっと感じるな ”

ここでお肌のケアを!

 

 

 

夏の紫外線を浴びたお肌のケアにオススメの食材は?

野菜の栄養価は季節によって変化が大きいので、

まずは、旬の野菜を選びましょう♪

 

 

 

夏野菜で、さらに!

お肌をケアしてくれる栄養素が豊富なのは

こちらの野菜達。

 

 

 

● オクラ

● かぼちゃ

● つるむらさき

● モロヘイヤ

 

 

 

● オクラ

『肌は腸を写す鏡』といわれるくらい

関係が深いお肌と腸。

 

ネバネバ成分のペクチンやムチン。

これらの水溶性食物繊維は、

腸内環境を整え、便がスムーズに。

 

 

 

● かぼちゃ

紫外線を浴びると発生する活性酸素。

これが、シミやシワの原因に。

 

かぼちゃには「抗酸化トリオ」と呼ばれる

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCが豊富。

活性酸素からお肌を守ってくれます。

 

 

 

● つるむらさき

かぼちゃと同じく、抗酸化トリオの

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCが豊富。

 

しっかり摂った栄養素を肌に届けるには、

血液が大切な役割を担ってくれます。

 

その血液をつくるために必要になるのが鉄。

鉄も豊富です。

 

 

 

● モロヘイヤ

ムチンやマンナンなどの水溶性食物繊維、

代謝を促すビタミンB群、ミネラル、

抗酸化トリオ、

種類も量もモロヘイヤはケタ違い!

 

“ クレオパトラも好んで食べていた”

といわれているくらい、

美肌に導いてくれます。

 

 

 

 

随分と管理栄養士っぽい内容になってしまいました。(笑)

 

 

 

“ 違和感をちょっと感じるな。 ”

ここでお肌のケアを!

 

 

 

年中美肌の秘訣?

 

 

 

 

明日は、

ダイエット中にオススメ!

これらの野菜の食べかたです。

 

 

 

お楽しみに♪

 

 

 

 

ご質問やお問い合わせ、ご感想も大歓迎!

《》から。

 

 

 

Instagram

いつもの食事を公開中!

たまにはお菓子も食べています^^

フォローしてね♪

 

 

■ご提供中のサービス

 

※大好評のプログラムですが、

現在、募集をお休みしております。

再開は産後を予定しています。

 


 

■saita 5月号

「今人気の糖質コントロール系 サプリメントを解説!」掲載

 

 

 ■月刊「茶の間」3月号

「大麦の食物繊維に注目!」掲載

ダメ人間のためのオクラの4つのコツ

 

 

 

 

ヤマキだし部活動。

 

手軽で本格的なお味にできる、ヤマキ基本のだしパックを使った簡単料理のご紹介。

 

今月のテーマは『夏野菜を使った彩りレシピ』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝晩は少し涼しくなってきたものの、まだまだ日中は暑さが続いていますねー。

 

店頭に並ぶお野菜も、もう少しの間は夏野菜かな。

 

この日はそんな夏野菜を楽しむおすましと、おにぎりの和定食を作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏野菜はプチトマトとオクラ。

 

だしでサッと温めたら、かきたまにして赤・緑・黄の3色で彩り良く。

 

オクラの自然なとろみがついて、のど越しも良くて食べやすいですよー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レシピです。

 

 

「夏野菜のかきたま汁」

 

(材料)2人分

Aだし(「ヤマキ基本のだし かつおと昆布の合わせだし」使用)・・・400cc

A塩・・・小さじ1/3

A薄口しょうゆ・・・数滴

・オクラ(下茹でしたもの)・・・3本

・プチトマト・・・2個

・卵・・・1個

 

(作り方)

(1)オクラは薄切りに、トマトは半分に切る。

(2)小鍋にAを温め、オクラとトマトを加えてひと煮立ちさせる。

(3)卵を割りほぐし、箸を伝せながら小鍋に入れていく。ふわっとしたら完成。

 

 

野菜は温める程度にするのがおススメ。色が綺麗に残ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすましにはおにぎり。

 

ゆかりの混ぜご飯と、おなめ味噌の2種。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おなめ味噌とは秩父の郷土料理。

 

甘めのつけ味噌。いわゆる金山寺味噌のような感じで。

 

去年、秩父を旅した時に購入して以来お気に入りに。

 

ご飯に乗せたり、野菜にディップして楽しみます。

 

あ、もちろんお酒にもピッタリですよ(コソッ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからキムチやっこ。

 

切ってのせる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常備菜の塩かぼちゃ。

 

冷蔵庫から出す(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな我が家の朝ごはん。

 

 

 

 

話は戻って、先日レシピブログ様から”ヤマキ基本のだし”モニター第二弾が届きました。

 

今回はお友達への紹介分として多めに送ってくださったそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手軽でとっても美味しいヤマキ基本のだし。

 

だしの大切さを知り、和食を作ることが多くなりました

 

後期も頑張ってお料理しましょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふたつのランキングに参加中。
↓よろしければポチッとおねがいいたします。