脱稿で格好よく!

初めておいでくださった皆さまへ


脚本家 旺季志ずかです

私は、これまで「カラマーゾフの兄弟」「ストロベリーナイト」「特命係長~只野仁」「女帝」「佐賀のがばいばぁちゃん」「トイレの神様」などたくさんのテレビドラマを書いてきました。

 

何もなかった貧乏仕事なし恋愛最悪の20年前から

「セルフラブ 」自分を愛し 自分自身で「在る」ことこそが最高の幸せで

同時に夢が叶う方法だということを実践してきました。

 

その知恵を織り込んだストーリーが『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』(サンマーク出版)です。

 

このブログでは、私がひらめいたこと、ワクワクした出来事など、ハッピーな

毎日を送るためのヒントを書いています。

 

みなさん、一緒に、心のセンサー、ワクワク羅針盤にしたがって、この地球というエンターテイメントランドで、あなたらしいライフシナリオを書き、愛と豊かさに満ちた日々を送りましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はhappyちゃんが


アメリカでバシャールと会ってきた直後の


シェア会に行ってきました

バシャールと25年前に出会い


ワクワクを選び始めたことが


わたしの人生の大きな転機でした


その人生を変えた恩人の存在と


大好きなハッピーちゃんが会った


それも秋に大きな変化が来ることを


数年前からバシャールが言ってたこともあり


これは行かねば!とワクワクしながら行きました


オープニングは


心屋カウンセラーのまりこさんから


ハッピーちゃんに1ヶ月前にあって


純度をあげてきたことについて

エネルギッシュにお話

ハッピーちゃんは情熱がほとばしる


オーバーアクション

ハッピーちゃんがいかに純度高くいるのか
日常で自分の中をチェックしているのか聞いて
とても刺激をもらったし
共振しました
最近 ずっとハッピーちゃんとやってくる情報が

シンクロして驚いてたけど
今日の大きなテーマも
わたしが先日脱稿した次の作品と大かぶり
シンクロは勇気になる
それにしても
ハッピーちゃんの純度高くある在り方は
わたしがいい人になりたくて
まぁいいかと済まそうとしてることを
浮かび上がらせる
それはね
自分を生きるって決めていないひとには
面倒なこと
嫌なことかもしれない
でもわたしは
どんなにブレても
そこだけは決めているので
浮かび上がるズレに
向かおうと思う
もちろん非常な勇気がいるけど
だから純度高くいる仲間がいるのは
ギフトだ
そして最後に質問した
最近 ワクワクとか
惹かれるとか 自分ではしないのに
どうしても やるべきというか
やることになることがある
そのサインをどうゆう風に捉えているのか
その導きのようなものに
のっていっていいのだと再確認した
自分のワクワクを追求したら
どこからか
自分という個ではわからない
個人ではワクワクとは捉えない
大きな流れにのるのかもしれない
わたしは数年前から
神様にずっと
人類の目覚めのために
わたしの才能を使ってくださいとお願いしていました
その先に書いたのがオクボク
それでも時々
迷いも苦悩もあり
そんなときに
ともに同じ方向を見ているハッピーちゃんのような存在に勇気をもらう
現実創造の仕組み
ネガティヴな信念にも命がある
やりたいことをやれていても
ネガティヴも起こるのが自然なプロセス
たーくさん
受け取ったのは言葉よりもエネルギーで
もっとも印象的だったのは
「自分であることがいちばんの至福だから
何を失ってもいい」
というハッピーちゃんの言葉
わたしもそう思う
最高の至福は 自分であること
それができたら 何もいらない
今日も人生にブラボーと叫ぼう!

 

  9月30日午後8時57分からTBS

湊かなえスペシャルドラマ「往復書簡」

松下奈緒さん主演のシナリオを書いています


月刊「ザ・フナイ」9月号(8月3日発売)に 
 
「アヴェマリアのヴァイオリン」の香川宣子先生と
 
船井勝仁さんとの鼎談(前半)が掲載されています
 
読んでおくれやす
 

月刊「ザ・フナイ」は8月3日より全国書店で発売されます。
アマゾンでも取り扱っています。
 
10月16日講演会 横浜パシフィコでします。
 
ぜひ会いに来てね
 

※ ※ 

おかげさまで6万部ベストセラー!

旺季志ずか初の小説絶賛発売中!

RPG的ファンタジー自己啓発冒険小説!

「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」

(サンマーク出版)

通称オクボク

 

<ストーリー>

青い髪に生まれた少年キラ。

その特異体質のため、両親は離婚。イジメにあっている。

ひたすら目立たないように生きているキラは、なんでも願いがかなうという

アークを求めて森の中へ。

そこで出会った老師ラオシーに導かれ七つの石をゲットする!

そこで得る「教え」は著者自らが実際に学んで使った知恵。

いまのそのままの「自分を好きになる」「夢をかなえる」そのヒントが満載。

読んで笑って泣いて、使って生きる! 

 

一冊で二度楽しい 日本初エンタメ自己啓発!

 

「臆病なまま夢をつかめ!」

 

 

本屋さんがなくなっていく現状が哀しく

本屋さんにゴーゴー!

 

素敵なPVが出来ました

 

 

#カフェでキラを読もう 遊びインスタグラムでやってるよん

 

 


撮影は友人らん

 

 

中間管理職が選ぶ超イカした脱稿20選

久々に二日?三日もブログを書けずにいてしまった…。

新しく始まった仕事が予想以上に大変で_:(´?`」 ∠):
やっぱフルで働いてると、本当に余計なことを考えてる暇ないなって感じです。
例の小説の続きのすけべ小説はちまちま描いてはいるんですが、最近は忙しさの方が優先してるので今の状況で満足できてる自分がいます笑
とゆーか、今考えると今の状況って、自分の選択として間違ってなかったなと思っています。
なんか、東巻関連で揉めた件も本来の自分ではない場所にいたから起こったことだと思えているし、今くらいの距離感や、自分でもそれなりに楽しめてる状況にいるので、なんだ、何も問題なかったじゃないかと笑
今は何の未練もないし、逆に切れてよかったなーって思えることも色々あって。
そもそも、自分悪くない自信あるし、悩む必要なんてなかったんですが(笑)
ただ、八つ当たりと嫌がらせをされただけだと思っているし、人にやったことはいつか己に返るだろうと信じていますので。
だからもう、イラつきすらしないし、心は至って平和です。
しかし精神疲労より肉体疲労が優っている方が個人的にはかなり楽だなあとは本当に感じます。
肉体疲労は回復できるけど、精神疲労は中々回復できませんからね。
ただ、今その漫画描いてて思うのは、やっぱ私作業遅いなあと…_:(´?`」 ∠):
今の漫画、確かに下書きはしてますけど、ペン入れもそんな丁寧にやってないし、今回はトーンとかも使ってないんですけどねぇ。
でも仕上げられて1日一枚
こんなんで、絵巻の原稿始めたらちゃんと脱稿できんのかよ…って言う
今回は原稿用紙も使ってないのに(泣
何が遅い原因なんだろうか…
やっぱ文字入れかなあ…。
てか、御本作るとしたらいつまでに仕上げれば良いのだろう
あとで聞いておかねば…