説教爆発しろ

日本のみなさん、こんばんは!!カリフォルニアンのみなさん、おはようございます!!

本日は土曜日@California!

毎週末恒例の『写真まつり』(え!恒例になったの?)も、ぼちぼち更新していきますよ。お楽しみを!

余談:Part 2に書いた受験生のくだり、意味がわかりづらいなぁ、と改めて思いましたね、本当に。

たとえが好きです。でも、相手に伝わらない例えはイケナイ!と思いました(笑)一方通行はイケナイ!わかりやすく書かないとね!

では、一進一退(一退しちゃうんかい)のわたしのブログ、今日もみなさん、楽しんでいってね!

引き続き。ディーゼルのお絵かき、から。

謎の生物を生み出したディーゼル氏。
クリエイター・ディーゼル。かっこいい響きだな(笑)(←引き続きうるさい)

何故か『なにも言うんじゃない』的なオ―ラを背中からむっちゃ出してました。

そうね、パ―トナー。わたしはワイフよ。あなたのワイフね。彼の功績は、なにがナンでも、讃えなくっチャ、なのだ!←(若干、投げやり)

わたし『わ~!ダディ、上手ね~!バタフライかな~??いいね~。可愛いわね~』

ダディ『バタフライだぞ~!!!!!(バタフライ・自己申告しちゃったヨ)』

娘『…………』

あ、なにか怒ってる。娘、怒ってしまいました!

これ、わたしもディーも予想外。(ディーなんかい)

娘『ダディ、No! 』

彼『……』

娘『Nooooooooooooooooooo! ! 』

娘、ちょっと泣きそうに怒る。

突然の否定にsad face、ディーゼル。わたし、すぐに娘のきもちを悟りましたよ。

娘は、はっきりした性格の持ち主。

嫌いなものはキライ、好きなものは好き。だから、好きなものや好きなこと、ひとなどにはめいっぱいの愛情表現をしてきます。

どんなお子様でもそうであるように、こどもの時分は誰でも正直で、素直ですよね。

(大人たちや社会が、こどもを変えてしまう。いい意味でも、悪い意味でも、ね)←脱線しそうなのでこの辺でやめます(笑)

いまのところ、動植物や人様に対しては好き嫌いはないですね。母親としましては、このまま、世界の嘘に巻き込まれないように育てたいところです。ビシッ!

娘は1歳のときに初めて言ってくれました。

『ママ、愛してる』と。

彼女は愛を論理的に理解はしていないでしょう。

そもそも、形状無形な愛。不確かである『愛』を論理的に論じることすら荒唐無稽な気がするなぁ。愛のかたちはいろいろ、だから。

愛わたしが大好きな、『愛』

全人類がこころにもっている温かいもの。

ロウソクのともしびのようだ、とわたしは思います。

わたしがロウソクを持っている、とする。

暗い部屋で、ひとり、ロウソクを持っている。

そこに、あなたがやって来てくれた。

あなたは疲れている。あなたは悲しそうだ。あなたは寂しい。あなたは人間関係なんて、面倒くさいと思っている。あなたは逃げ出したい。あなたは『世界』、がきらいだ。

わたしは暗い部屋でロウソクを持っている。ただひたすら、ロウソクの『ともしび』だけをみてる。

わたしの部屋に、あなたは来てくれた。

あなたのちいさなロウソク。使うのを忘れてしまったロウソク。

わたしのともしびをあげたい。あなたに、わたしのひかり、をあげたい。

わたしのロウソクは燃えている。ちいさいけれど、燃えている、から。

わたしのロウソクからあなたのロウソクへともしびを移しても良いですか?

あなたを元気づけたいから、わたしの『火』をあげたい。どうか、わたしの『火』を受け取ってください。

ともしびはつづく。ひかりは受け継がれる。

愛は連鎖する。愛は受け継がれていく。愛は消えない。

わたしの部屋にまた、もうひとりのお客様がいらっしゃいました。あなた、です。あなたのこと。わたしはあなたに向けてこのメッセージを書いています。

ありがとう、わたしの部屋に来てくれて。ひかりを受け取ってください。わたしの『愛』をぜひ、受け取ってください。あなたに『愛』を渡したい。わたしのロウソクの灯火であなたのロウソクに火をつけたい。

暗い部屋に、また、火が灯る。

あなたのロウソクとわたしのロウソク。めらめら、ゆらゆら。ゆらゆら、きらきら。

小さいけれど、燃えているよ。

わたしは想うよ。

あなたのロウソクの火、とっても綺麗。

キラキラ、めらめら、とってもとっても綺麗だよ。

ご拝読、ありがとうございました。おB、こころのメッセージ、でした

娘は『愛』、という言葉と意味、をなんとなくわかっている。

だから、愛してるよ、という。わたしが喜ぶから。

愛してる、と伝えればわたしが、喜ぶから、です。

単純明快なのね。

愛はアクション。愛は動詞。

わたしを喜ばせたい娘と娘を喜ばせたい母親。わたしは毎日、言う。

『愛してる、愛してる、愛してる、愛してる、愛してる』

1億回、1丁回、無限大数。愛してるって毎日、伝えても伝えきれない。

愛を伝えるには人生は短すぎるのだ

娘も毎日、『ママ、愛してるよ』って言ってくれるのです。

一度、大きく説教したことがあり、その際には『ママ、嫌いッ』と言われてしまいましたが…1時間後には『ママ、愛してるよ』って言い直してくれました

こどもから学ぶことは多い。本当に多い。彼女のperfectly pureness (完全なる純粋)は神様からの贈り物。全人類が持っている(はずの)愛。

わたしは絶対に、これを忘れたくない。

わたしはこれがあるから、生きていける……。

話を戻します。(早く戻せ)

彼女いわく、頼んでもいないのに絵を描き始めてしまった彼に憤りをかんじた、とのようでした。

やっぱり、母はすごいね、娘の考えていることが分かってしまう。言葉無くとも分かってしまうね。

次に続きます。

楽天市場説教格安販売

どうでも良いことなのに無性に腹が立つことがある。

私もある。
そういう時に自分を見つめ直している。

私の友人は旦那様が体調不良を訴えたり、怪我をしたりしたら恐ろしく不機嫌になる。
彼女の気持ちは分かる。
大の男にかすり傷くらいで死にそうな顔されたら男性としての魅力が激減する。
なんくるないさー。(沖縄弁)
と言ってガハハと笑って欲しい。(素敵??)
ところが、彼女はこっちがハラハラする程冷たい扱いをする。

鬼ってあんな感じかな?
ってくらい冷酷になる。

「男のくせに大袈裟で腹が立つ。イライラする。このスペースデブリが!藻屑野郎が!
第三者が気分が悪くなるくらい罵る。
多分、そこまで腹が立つのは「なんくるないさー」と旦那様が言えないことが理由じゃないと思う。
私は彼女の母親を知っている。
気性が激しく、すぐに激昂する。
彼女は妊娠中に悪阻が酷く、誰かの助け無しに暮らせないぐらいの状態になった。
その頃に再婚で新婚だった彼女の母親が手伝いに来ていた。
娘が悪阻で苦しんでいるのに彼女の母親はホームベーカリーを買って来ていそいそと実験的に娘の家でパン祭り。
→臭いもダメな感じの悪阻なのに
彼女の旦那に金切り声をあげながら説教。
私の娘がこんなになりながら、あんたの子どもを産もうとしているのに何してるのよ!私が度々助けに来なきゃならないじゃない!」
→旦那は仕事行ってるんだが
兎に角、自分のことばっかり。
悪阻で苦しんでいる娘に自分の旦那の悪口を延々と語る母親。
しかし、母親本人は苦労して面倒みてやってる気分になっている。
彼女は「そんな話し聞きたないわ。」が言えない。
彼女は2人目出産後に調子が悪く数日の間上の子のお世話を母親に頼んだ。
ミシンを持ってやって来た母親は上の子の面倒を見ず彼女の家で上の子に着せる為のドレスを縫い続けた。
彼女は「そうと違う。そんなんやない。子どもに本を読んであげたり散歩に出たりして欲しいんや。」を母親に言えない。
母親は自分のしたいことをしに来ただけなのに妙に恩着せがましい。
彼女の母親は自分しかいない世界に暮らしている。
相手の状況、状態は世界の中にない。
自分のしたいことがすべて。
自分の言いたいことがすべて。
それなのに見栄っ張りで傷つきやすい。
彼女が体調を崩すと母親はいつも不機嫌になったそうだ。
「パート出れんで損したわ」
そう言われたこともあるそうだ。
彼女はきっと体調不良になった自分が悪い子なんだと思って育ってきた。
同時に理不尽すぎる自分の母親を無意識に憎んできたと思う。
だから彼女と心理的に近い関係にある旦那様に自分の嫌な所を重ねるのだ。
同時に「体調悪い」が呪文のように母親への憎しみを呼び醒す。(彼女本人は気づいていない)
それがまるまる旦那様に悪しき感情の塊として投げつけられる。
彼女は時々私に連絡をくれる。
彼女から会って話を聞いて欲しいと真剣に懇願される。
私は「旦那さんと姑さんの悪口聞かされるんなら行かん。」と勇気を出して言っている。
彼女の悪しき感情の塊のエネルギーが強すぎてしんどいのだ。
彼女はうっすらと母親に悪い影響を与えられていると分かっている。
本当は彼女は母親と激しく対峙する方が良い。
だが、母親に飲まれすぎているので対峙するのは難しいだろう。
せめて、母親への不要な接触やご機嫌とり行動をやめた方が良い。
しかし、吸い寄せられるように母親の元に自ら赴き、飲まれ、精神的に混乱することを繰り返す。
彼女が悪しき感情を真に抱いているのは旦那様でも姑さんでもなく、彼女の母親だ。
断ち切らないと呪文は消えない。