脱稿にはお得がいっぱい!

相棒 と並ぶ作品それが 踊る大捜査線 とラビットの中ではなっています 理想と現実の間の中で

 

青島刑事 達湾岸署の所轄刑事達が 警視庁 を出し抜いて数々の難事件を解決して行く作風が

 

好きでした 現場の所轄警官がこれほど活躍させてもらえ輝ける 所轄の意地 所轄の仲間の絆が

 

とても熱くて大好きでした ぜひ叶うなら続編を可能な限り制作して欲しいと本気で思います

 

(テーマ曲)

 

(ed局)

 

 

踊る大捜査線』(おどるだいそうさせん)は、からにかけて系で放映された主演の連続。その後シリーズ化され・・で展開された。その後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画の作品が作られた

演じる巡査部長が主人公の「警察ドラマ」。連続ドラマ版放映開始当時までの主流だったは犯人までを追う描写が多く、また銃撃戦やカーチェイスといった派手な追跡劇や広域事件・テロ事件ですら所轄警察署単体で解決してしまうといったような非現実的な描写も多かったが、当作品ではそれらの要素を可能なかぎり排除し、現実の警察組織と近い業務形態や実情を採用した作風となっており、警察機構を会社組織に置き換え、署内の権力争いや本店(=)と支店(=所轄署)の綱引きなどを、湾岸警察署を中心に描いている。本作品で登場した具体的な例としては、刑事のことを「デカ」ではなく「捜査員」と呼ぶことが多く、加害者のことを「ホシ」ではなく「」と呼ぶことが多く、「発砲許可」「パトカー手続き」といった手続きが存在するなどである。

刑事以外にも、()・()・()などの湾岸警察署員や事件の被害者でのちに刑事となる()、湾岸警察署の署長ら三人組(通称『』)、警察庁のキャリア・()らにもスポットライトが当てられる。

事件を追うだけでなく、警察の抱えるさまざまな内部矛盾、特に警察組織の厳格な制度の問題、の問題、の問題、の問題も大きなテーマとなっている。

連続ドラマ版(1997年)放映当初は、決して高視聴率とは言えなかったが、ドラマの視聴率が次第に上昇する中でプロデューサーの亀山千広が上司に対して「最終回の視聴率が20%を超えたら映画化してよい」との約束を取り付け、実際に最終回の視聴率が20%を超えたため映画化が実現した。連続ドラマ終了後、2本のスペシャルドラマ版と1本の番外編ドラマを経て映画化され、第1作・第2作ともに記録的なヒットとなる。映画の第1作から第2作までの間は、見えないストーリーが進行されていて、色々なエピソードが第2作で刑事らのセリフとして登場する(潜水艦事件など)。

2005年には映画版第2作の内容と連動した外伝的物語「踊るレジェンド」として『』、『』が映画公開された。更に、2005年から2006年にかけて『交渉人 真下正義』の前日談として『』が、『容疑者 室井慎次』の後日談として『』が、2007年には『』との共同制作である短編『』がテレビ放送された。

2010年に7年ぶりに、『THE MOVIE 3』を映画公開。その、スピンオフとして『係長 青島俊作』を携帯ドラマとして発信。

2012年、14年ぶりとなるスペシャルドラマ『THE LAST TV』を放送、『THE FINAL』を映画公開、シリーズ15年の歴史に幕を閉じた。

ストーリー[]

元敏腕営業マンのは脱サラして警察官となり、交番勤務を経てようやく念願の刑事課勤務となる。だが、青島の配属された湾岸署は「空き地署」と陰口される東京の僻地。配属直後に管内で事件が発生し、青島は意気込んで現場に向かうものの、「所轄刑事」として現場検証すらさせて貰えない。青島は兇行班係の大先輩で定年間際のベテラン刑事から所轄刑事の心得を叩き込まれる。それは青島が思い描いていた理想の刑事像と大きくかけ離れた地味で冴えないものだった。

管内で殺人事件が発生した場合には所轄署に「帳場が立ち」(捜査本部設置)、本庁刑事部の腕利きと共に国家公務員一種(キャリア)の管理官が送り込まれる。聞き込みや取り調べ、犯人確保といった事件捜査の主役はあくまで彼らの仕事だった。青島が初めて出会った警察官僚が管理官だった。青島は室井の指名で運転手役をやらされ、徹底的に冷たくあしらわれる。室井は被害者の娘で通報者の柏木雪乃にも詰問口調で迫る。雪乃は父親を失ったショックで失語に陥っていた。青島は室井の乱暴さに反感を覚え、雪乃を優しくフォローする。

一方、湾岸署は個性派揃い。俗物で昼行灯の神田 総一朗署長を筆頭に、署長の腰巾着秋山 春海副署長。そして、事なかれ主義の刑事課長袴田 健吾などなど、良くも悪くも青島にとっては営業マン時代とそう変わらぬ人間関係となる。同じ兇行班係には東大卒のキャリアで年齢は青島より下だが階級は遙かに上、親の七光りまで持つが昇進試験の「腰掛け」として在籍中。そして窃盗犯係には小さい体に似合わず男勝りの迫力を持つ紅一点が居た。熱血が空回りすることの多い青島は和久、真下、すみれら仲間たちに励まされながら奮闘することになる。

やがて、すみれの過去が明らかになる。逮捕した犯人からの逆恨みでストーカー被害に遭い、体にも心にも大きな疵を抱えていた。「正しいことをしたければ偉くなれ」和久のその言葉は重い意味を含んでいた。青島は仲間たちや自分を頼ってくれる人々を守る為、強くなろうと胸に誓う。また、鉄面皮の冷血漢に見えた室井も出身で東北大卒という異色のエリートで、優秀であるが故に身内に敵も多い孤独な男だった。室井は次第に青島を認め、目を掛けるようになるがそれはお互いにとって辛く険しい道程となってゆく。

雪乃は青島やすみれの励ましもあって事件のショックから立ち直り、二人に憧れて警察官を目指すようになっていた。ところがそんな彼女に麻薬密輸の重要参考人という嫌疑がかけられる。雪乃を本庁の手に渡してはならない。青島は咄嗟の機転で雪乃を口汚く侮辱し、怒った雪乃から平手打ちを食らう。「公務執行妨害による逮捕」その場合、拘留権は所轄署が優先される。真下やすみれの協力により「取り調べと称する時間稼ぎ」で雪乃を保護する一方、青島は和久と共に真犯人を追う。そこで和久が見せたのはグレーゾーンに生きる人間たちと繋がりを持ち、彼らから巧みに情報を引き出す所轄刑事ならではの裏技だった。青島は和
久から継承者に指名される。二人の活躍により被疑者は確保され、本庁刑事に引き渡された。だが、本庁や警察上層部の間で青島は悪名高き存在となる。

管内で発砲事件が発生。職質しようとした真下が銃撃され、重体に陥る。仲間の窮地に湾岸署は結束し全力をもって捜査に尽力する。そして、室井と青島のコンビにより事件は無事解決する。だが、室井は警備部に左遷され、青島は交番勤務に戻される。「市民に信頼されるお巡りさん」という自身の原点に立ち戻った青島はやがて再起することになる。

この物語は、異色の経歴と特技を持つ青島刑事を軸に、彼を取り巻く人々が時代の変化により起きる数々の難事件と対決する、壮大なドラマとなってゆくのだった。

当初の踊る大ラブストーリー計画[]

初期の構想段階では、すでに引退したベテラン刑事和久の娘をすみれ(監察医)に設定し、和久宅に居候する青島との恋愛も一案にあった。その後は、青島と雪乃、室井とすみれの二本立てでの恋愛路線、青島と雪乃とすみれの三角関係も構想されている。実際、青島・雪乃間での恋愛に発展しそうな伏線や、すみれが青島に惹かれてゆく描写もちりばめられており、室井とすみれの二人きりのシーンも幾度かあった

この恋愛ドラマ路線は、第1話が放映され視聴率が出た時点で取りやめが決定されたが、これは亀山プロデューサーの判断によると、脚本家・君塚良一は著書「テレビ大捜査線」にて語っている。このとき第4話までは脱稿していたので第5話からのプロットが恋愛の要素を排したものに変更され、以後は警察ドラマとしての視点に重点を置いていくこととなり、そこで雪乃の設定に大幅な変更が加えられている(血液型まで変更された)。

モンスターペアレントからの視点で読み解く脱稿

さて、いよいよ始まるAcid Mothers Temple NZ & AUS Oceania tourを翌日に控えた夜、全く旅の支度もしてないくせに神戸HELLUVA LOUNGEに遊びに来た。
12周年を祝うバンドからの酒達がズラリと並べられ、ヘラバが如何に慕われているのかが伺える一枚。ヘラバの首領、木村氏がアツい人望を誇るのは、我々もうなづける所。
お目当はLETTERと言うバンドを一緒にやってたex.日本脳炎、LABCRYのナナさんとDr.テツさん(ex. GHOUL, BLANKEY JET CITY, JUNGLE) のデュオ。
これまたLETTERで一緒やったかおりちゃんも来ており、個人的には懐かしいzoOoOomも出演。

写真全く撮ってなかったが、この二つ、めっちゃ良かった!(観れたのがこの二つだけ)

しかし、ついつい酔っ払って終電を逃す、なんとか最寄りではないが近所までは帰れたので、タクシーで帰還。
ヤバい、洗濯物、冷蔵庫の中の物、支払うべき諸々にプリントアウトせなあかん書類、今日は寝れぬな。。。

なんとか諸々の準備と用事を済ませて定刻の1時間前に出発!関空でヒガシさんと落ち合い、チェックインを済ませて、搭乗ゲート付近で乾杯!
ヒガシさんも高知の果てに住んでおられるので、前日の夜から旅は始まっており、今回はなかなかの長旅になる予定。俺は遊んでただけやけど。

前々から気になっていたドラえもんのふわふわチョコモナカ、昔エアインチョコの走りとして販売された「ぬーぼー」を上回ることが出来るのか、期待して購入。

が、個人的にはチョコと皮のバランスが悪く、やはりぬーぼーには到底及ばないクォリティーでした。残念。

そんなこんなで5時間のフライトを経てKuala Lumpurに到着。ここでタバタさんと合流!

機内では寝まくり、途中の機内食では隣のヒガシさんに起こして頂き、なんとか飯には漏れ無くありつけた!全くもってありがたい限りです。

Tiger beerと言う地ビールで乾杯!

ジョッキがカッコええ、、持って帰りたくなる!味は普通、軽めで薄め。嫌いじゃないやつ。

撮影に勤しむタバタさん

オレは米粉の麺の焼きそばっぽいやつ所望。かまぼこっぽいやつとエビっぽいやつ、いやこれは普通にエビか。そしてもやしっぽいやつが入っておったが、肝心の麺なんぞは異物混入にしては入り過ぎやなと言う程度の少なさ。味はまぁまぁ、食えただけ良かったかな。

麺神ヒガシ様はスープ麺に納得いかぬ模様、確かに一口頂けば箸では掴めん程にオーバーボイルされた麺、写真と全く違う様相に苦言を呈しながら実食。

もうそれはそれは最後まで完食できぬ程の代物やったらしく、ハズレくじを引いて退店。

Kuala Lumpur空港はスッカリ夜になり、ようやくAuckland行きの飛行機に乗り込む。

機内食はチキン所望

2回目もチキン。

なんなんやろう、とにかく眠い。

寝ても覚めても永遠に眠い、機内爆睡の助で9時間のフライトもあっという間に経過、無事にAucklandに到着!!

NZの入国審査は特に食品の持ち込みが厳しく、荷物を細かく申告しないと罰金を取られると言うシステム。タバタさんは毛皮の衣装、皮のブーツ、ハーブ入りの歯磨き粉まで申請、なかなかナイーブな気持ちで望んだが、無事にNew Zealandに入国を果たす。

ゲートを抜けるといきなりドワーフの石像がお出迎え、看板には「On loan from Middle-earth.Do not touch.」の文字。どうやら洒落が効いた一文らしいが、何のことかはよく分からんまま激写!

オルガナイザーのジェフ、先に来ていたウルフと再会。ヒガシさんは何やら何処かで足止めを食らっておるのか、一緒に出たのにまだ未着。待ってる間、空港を散策!

売店はまぁ普通。

お菓子コーナーも普通やね。
特に代わり映えせぬ店内をアホ面でウロつくウルフを激写


NZらしさと言えば、名物はこのキウイか。

さらにウロウロすると、懐かしきvodafoneのショップ発見。ソフトバンクに移行するまではこれやったなぁ、、と激写。AUで言う所のCdmaOneか。懐っ!


近所に唯一ある飯屋が寿司屋。


何故?

程なくしてヒガシさんも無事に入国、融通のきかん係員に足止めを食らい、いらん列に並ばされて時間を食った模様。しかし何事もなく入国できて良かった。

そして信じられない事にここから更にフライト、3回目の乗り換えは国内線ジェットスターでWellingtonへ向かう。


チェックインを果たし、またも空港内にてビールで乾杯。


珍しく日本ビールがたくさん並ぶ中、ローカルビール、Steinlager所望。


オルガナイザーのジェフ!


このひょうきんっぷりは良い人に違いない!
よろしくお願い致します(^^)
Wellington空港にて記念撮影パシャり


無事に予定通りの合流、談笑するウルフとヒガシさんを激写

よっしゃー、1発目のライブまでは最後のフライト、いざ出陣!

タバタさんの顔。
そして冬なので当たり前だが言わせて下さい、やっぱり寒い!
どれくらい寒いかと言うと、いつもオシャレなヒガシさんの足元がこんなになっちゃうくらい寒いんです。

短パンの下にタイツ、タイツの上に靴下、そしてサンダルと言う、精神がおかしくなったのかと思われるほどの奇妙なファッションを盗撮。

荷物を受け取り、ウルフのスーツケースからは分解されたベースのネックが豪快にはみ出ており、ウルフのウルフたるワイルドさが少し板について来た感じか


ここからレンタカー屋まで送迎バスで移動、無事にバンをレンタルしていざ投宿先のホテルへ!!!



流れる景色を堪能、2,30分でホテルに到着。
各人1人部屋を充てがわれ、有難や優雅なひと時を堪能!
荷物を整理しておると、携帯の充電器を忘れて来た事に気付く。みんなでメシを食いに行く待ち合わせの時間まで、街をブラブラ、充電器探しの旅。


テクテクしてるとガソリンスタンド発見。

よっしゃー、手っ取り早く売ってる所見つけたがな!ラクショー!

と思ってたら、50ドルもしやがる充電器。しかも先っぽは当然オーストラリアのハの字電源、このツアーでしか用事のない代物を買い、電源を使うのは携帯くらいのもんなので、自動的に日本から持ってきた変換器が不要に。トホホ、まあ末長く忘れ物病と付き合っていく覚悟、金で買えるもので良かった良かった。マジで!


そして近所のレストランで食事。


ヒガシさんの計らいで、コップには未だ旅の途中であろう河端さんの分の水まで注がれ、旅の無事を祈って乾杯!!!!


そしてビールとステーキ、どーーーん!!!


はいー、美味いー!!


二軒目のバーでウィスキーを飲んでる間に強烈な眠気、これ以上無理と言う所で一人ホテルに帰らせて頂き、撃沈。

夜中の3時、中途半端な時間に目覚めてブログを脱稿。明日はいよいよと合流で、そこからスタート!!
良き旅になりますように!!!