脱稿プラザショップ

本日2投稿目

 

 

 

こんにちは、ココです(・∀・)

 

 

「蒼水無月(罪と蜜)」
 全11話、無事に脱稿できました。

ご愛読ありがとうございました?
 
 
約1年ぶりにお届けしたこちらの

作品。

たしかこの頃、

「蒼い月に囚われて…」とか

一日に何個も更新していたような

(笑)

 

お話いかがでしたか?
少しでも萌え、悶えていただけたと
したら嬉しいです(*´ω`*)
 
今回もこうして脱稿できたのも、
いつもこちらに遊びに来てくださる
読者さんのおかげです。

 

皆さんからいただいたメッセやコメ、

「いいね!」がいつも励みでした。

 

本当に感謝・感激です。

 

 

 

お話でこだわったのは、

二人の服の色。

何気に蒼色を多く取り入れた

ことです。

(ほんとに、そこです…笑)

 

 

も少しまじめなお話をすると、

二人の思い出の小さな神社に

傷ついた心を抱えたカズくんが

行って、もう一度さとにぃ に

見つけてもらうシーン。

 

ほんとは前作の「罪と蜜」の時に

そんな描写を入れたかったけど、

カズくんがさとにぃと一緒にいたのが

さとにぃの部屋か、お風呂場だけで。

 

まさに『お部屋のカズ』(笑)

 

 

今回はもっと行動範囲を広げて

もらおうと思って、大学だったり、

神社だったり……。

 

 

このお話、「罪と蜜」が終わった

当時は、

「さとにぃとカズくんの両親が

海外旅行に出掛けて不在中

だった1週間をぜひ!」と

リクをたくさんいただいていて、

最初はそれを書こうかな?と

思っていました。

 

けど、私なりに何度も読み返して

いくうちに、さとにぃとカズくんが

願っていることは、兄弟として

暮らしていくことではなく、

恋人として…というか、新しい

家族としての枠かな?と思えた

ので、ニノちゃんの生誕企画まで

書くことを伸ばしていました。

 

続き物を書く…というのは、

案外難しくて(笑)

 

このお話を書くまでも何十回も

読み返して、二人のキャラを頭に

叩き込まないと、全くの別人格に

なりそうで(^_^;)

 

とくに、さとにぃが常識人というか、

両親に対して自分なりにケジメを

つける人だろうな…と思って、

それを常に頭に置いて物語を

進めてました。

 

一方、カズくんは、まだ年齢が

19、20歳なので、私が今のニノ

ちゃんのキャラを描くよりも、少し

ワガママというか、本能をぶつける

ところはぶつける。

けどやっぱり遠慮とか、健気な

一面もあるように、一応これでも

気をつけて(;´▽`A“

 

二人のお父さん、お母さんも、

血の繋がりのないカズくんを

引き取って、きちんと育ててる

くらい、もともと懐の深い人柄

なので、最後はこんな感じに(笑)

 

この両親とカズくんがいつ、

どういう時に、血が繋がっていない

ことを話したのか……というのは、

今回あえて書きませんでした。

 

そこはなくてもいいかな?と

思って(゚ー゚;

 

 

それよりは、さとにぃとカズくんの

二人が本当は同じくらい想い合ってる

のに、お互いの想いが強いがゆえの

すれ違いだったり、

素直に気持ちを言わない&言えない

もどかしさや切なさを書いていこうと

考えました。

 

 

 

 

ではでは、長くなりましたので

この辺で……。

 

もし宜しければ、お話の感想を

コメントやメッセにて聞かせて

いただけると凄く、凄く嬉しいです。

(さっそくのコメント

ありがとうございます!!)

 

いつもありがたく、何度も読み返え

させていただいてますので、

ぜひたくさんの声を届けて

いただけたら嬉しいです(*´ω`*)

 

 

※次回作の、

「官能小説家の口説き方」は

7話くらいまで書き溜めてから

更新していきたいと思いますので

暫くお話の更新をストップする

予定です。

 

ちなみに今は3話がそろそろ

書き終えるくらいです。

ドキ!丸ごと! 脱稿だらけの水泳大会

基本的に急いでないっていうか
欲がないっていうか
時間は沢山あるっていうか
青信号がパカパカしてても
運転中に黄色信号でも
とりあえずもう止まろってなるので
あ、また
自分 赤信号先頭だってふと気付きました
ただ単純に運が悪いだけなのかもしれないけど
それで時々
自分より後ろを歩いていた人が走って渡りきったりとか
あ、なんだパカパカ時間わりと長かったなとか
まぁ結局、途中で赤になったとしても普通に車は渡りきるまで待ってくれるよなーって
あー 渡っとけばよかった
待つのさみぃ
ってなったりします
黄色信号で
まだどっちで行けるよっ
進めるよってときに
自分は赤を選ぶからダメなんだろうなぁと
つい先日 後悔することがあった帰り道に
黄色信号で止まりながらふと思いました。
寒いしそうゆう気分。
いつも気持ちだけは渡りきってんだけどね、
無駄に自己嫌悪になったり理屈をぐだぐた考えちゃうから渡りきれないんでしょうね
結論 青信号でも黄色信号でも
人生赤信号でも進める人になりたいです。
周りを巻き込まない程度にわがままに
行きたいです生きたいもんです
—————
そして
去年の自分の頑張り締めくくり。
12月に脱稿したやつチャレンジ賞頂きました。
1ヶ月位前に結果を聞いて
まーそーだよなって納得の落ち込みして
納得はしていたんだけど
いたんだけど
やっぱり紙面みて
自分のカットみて落ち込み
投稿者ページでさえ浮いてる気がして
なんてゆうかもうわけわかんなくなって
何回同じこと言われてるんだー
言わせてるんだー
漫画投稿し始めてそろそろ1年。
バイトだったら1年経っても成長しないやつはクビです
お給料もらえません
やる気はあります
っていう問題でもないわけです
頑張ります
って問題でもないわけです。
もうやめだやめだー
といいつつ
やる気だけはあるので机に向かってます。
なんというか
もう描いてないと落ち着かないっていうか
誰かに後ろから背中押されてる感じ
無理やり走らされてる感じ
自分じゃない感じ
どこに向かってるのかわからない感じ
とにかく
需要があるものを描きたいです。