執事以外全部沈没

浩史「はあ?興味ねぇよ」
小野くん「そうですね、皆さん興味ないとは思いますが」











DGSコンビのシンクロ率やばい。
え、対話?wwwwww



いーち、にー、さーーん、ダーーーい黒?笑














さ、黒執事お迎え行ってこよ?





まだある! 執事を便利にする8つのツール


いつぶりだよ!というほど久々に

「黒執事」企画第4弾を行います!

 

今回のキーワードは

「ロイヤルワラント」

「黒執事」原作3巻、4巻及び

アニメ1期1後半のソーマ・アグニが登場する

カレー編のキーワードです。



このストーリーにおいて、アグニは

恩人ともいうべきソーマの身を守るために、

あくどい商人 ハロルド・ウエスト=ジェブの

悪事に手を貸すことになります。


ハロルドがアグニを使って

悪事を働かせた後の究極目標は

「カレーで『ロイヤルワラント』を取ること」

でした。

 


ロイヤルワラント( Royal Warrant )

日本語に訳すと「王室御用達」

イギリス王室構成員が個人的に

気に入った商品の生産者に対して、

上の画像のような王室構成員個々人が持つ

自らの紋章をその商品につける

権利を与えるというもの。

現在のイギリス王室の構成員の中で、

ロイヤルワラントを認定する権利を有するのは

女王エリザベス2世とその夫のエディンバラ公

そしてチャールズ皇太子の3名のみです。

 

作中でも語られていますが、

ロイヤルワラントになることは、

イギリス王室から商品の品質について

直々にお墨付きを得たということ

意味するので、

数多くの同業者がいる中でロイヤルワラントに

指定されたということは生産者にとって

大変な栄誉であると同時に、

品質面に対する一般大衆への大きな宣伝効果を

得ることを意味します。

(もちろん厳しい品質が要求され、

5年ごとの審査に通らなければ

認定は取り消されてしまいます!)

 

さて、ここで

イギリス王室が認定する

御用達品を見てみましょうо(ж>▽<)y ☆

 

有名どころだと

 

 

陶器のウェッジウッド

 

アパレルのバーバリー

 

 

紅茶のトワイニング

フォートナム&メイソンなどがあります(≧∇≦)

(作中でも何度か登場しますよね!)

 

そして、ここからが面白いのは、

このような類のものだけでなく、

様々な種類の商品がロイヤルワラントに

認定されていること!

 

例えば

高級車として著名なアストンマーティン

 

エンジンオイルのカストロール

文房具のスマイソン

 

その他、石鹸塗装屋芝刈り機

果てはバグパイプなどなど、

現在800を超える企業と個人が認定を

受けているそうです!

 

「黒執事」でセバスチャンやシエルが生きた

19世紀ヴィクトリア朝時代と比べると

イギリスの持つ貴族文化は

残念ながら衰えてはいるものの、

こうしたところで今もなお、

まだその文化が息づいています。

 

それを追体験しつつ、

また「黒執事」の世界観に

ハマっていただけたら

幸いですねо(ж>▽<)y ☆

 

 

39,960円
Amazon

 

興味のある方は

ぜひこちらから(≧∇≦)


※人気ブログランキング参加中です!
よろしければ押して貰えたら幸いっす(≧▽≦)