執事 私はやりぬく。

                      二人一緒に後部座席に座り
かすかに 震える雅紀の手を ずっと握って
屋敷の自室で 二人を待つ父から
どんな 言葉を投げかけられるのか
恐らく 厳しいものであろうと言うことは
俺も 雅紀も わかりきっているから
「雅紀…心配しなくてもいい
何が あっても 俺が お前を守るから…」
「翔さま…」
潤んだ瞳で ただ俺の名を呼び
握った手に 力がこもる…
「離さないと…誓ったんだ…」
心の中で 自分に言い聞かせる
「翔様…到着 いたしました」
「ありがとう…佐藤
御苦労だったな」
「佐藤さん…ありがとうございました」
「行こうか…雅紀」
「はい…」
二人 連れ立って
父の待つ 部屋へと向かった
「コンコン…
翔です…」
「入りなさい…」
冷たく響く 父の声に
一瞬 たじろぐ
隣の雅紀が 不安そうに 俺を見てる
俺は 「大丈夫だから…」
そう声をかけて
扉を 開けた
「失礼します…」
「待っていたよ  翔 
雅紀くん  君も  そこに座りなさい」
緊張で 身動きできずにいる雅紀の
腰に手を添えて
一緒に ソファに腰掛ける
「正直  驚いたよ
お前の言う  自分の決めた人が
まさか  雅紀くんだったとは」
「父さん…
僕は ずっと 雅紀を思ってきました
雅紀が 僕に 支えてくれるようになった あの日から」
「翔さま…」
「やっと…やっと
二人の気持ちが 一つになったんです
僕は…雅紀以外…」
「宿命…なのかもな…」
「父さん…知っていたんですか?」
「私と相葉は 兄弟のように育ってきた
確かに 主人と使用人という 立場ではあったが
腹を割って 話せる親友でもあった」
「旦那さま…そんな もったいないお言葉を」
「翔が産まれた時 相葉から
痣の宿命の話を聞いた
そして…雅紀くんが 産まれた時
まさかと 思ったよ
だから…あえて
雅紀くんを 翔につかせた
伝説など ありえないとね」
「でも…お前たちは
惹かれあってしまったんだな」
「はい…誰よりも雅紀を愛してます」
「雅紀くん?君も同じだと
思って 良いのかな?」
「申し訳ありません 旦那さま
私のような 者が…
でも…私も…
誰よりも 翔さまを…」
「そうか…わかった…」
「父さん?」
「旦那さま?」
「翔…
自分の選んだ道を許されなければ
櫻井の名を捨てても良いと言ったのは
嘘ではないな?」
「はい……雅紀と一緒に生きていけるのなら
かまいません」
「今まで お前がぬくぬくと
生活してこれたのは
櫻井の 家に 産まれたから
そのことは 承知しているな」
「はい……父さんのおかげである事
感謝してます」
「翔…
本当に 自分で 一から やれるという事を
私や 私のグループの誰もが
認める 男に なってみろ
お前が 誰を 選んでも
誰からも 文句を言われないよう
それが…雅紀くんを 守るということではないのか」
「どういう事ですか?」
「二年間
私の息子で ある事を伏せて
汗を流してみろ
親友の 大野とその息子の智くん
その二人にだけは お前のことを 話してある
大野の元で
社員として  必要なものを 身につけてこい」
「特別扱いはしないように 言ってある
給料も 周りの社員たちと 同等だ
今までのように 何不自由なく
生活できるわけではないぞ」
「僕が…やり遂げたら 認めて下さるんですか
雅紀との事を…」
「いいだろう…
雅紀くんには 松本の屋敷に
行ってもらう
執事としてだけではなく
仕事や 人生のパートナーとして
必要な物を 身につけて 来なさい」
「父さん…ありがとう」
「ありがとうございます…旦那様」
「礼を言われるのは まだ早い
2年…
その間に お前たちの関係が
崩れる 事があったら それまでだったと
諦めるんだな」
「必ず…二人で 
もう一度 ここに 帰って来ます」
「楽しみにしてるよ
1週間後には  伺うと 話してある
いいな」
「はい……わかりました
失礼します」
父の出した 条件
離れ離れに なることは 辛いけど
きっと…
「雅紀…必ず  でかい男になって
迎えに 行くから…」
「はい…僕も 
貴方に相応しいと
言われる 人間になれるよう
頑張ります…
待ってます…翔さま」

執事 うれしいを、つないでゆく。

こんにちは☆
エリカです!
暑すぎて溶けそうな毎日です?( ? )?
先日通勤途中で地蔵盆の風景がチラホラ(?・??・??)
懐かしいです!小学生の時大好きだったなぁ。。
昨日はオフだったのでダラダラとアニメを観てました!!
賭ケグルイと、
ようこそ実力至上主義の教室へ(タイトル長い)面白い^ ^
そして劇場版黒執事のDVDがもうすぐ発売なので
ウキウキしながら待機中です(°▽°)
映画館に足を運びましたが….笑
美女と野獣は10月発売みたいで(´;Д;`)まだまだです..泣
こんなオタク丸出しブログですみません( ̄∀ ̄)
最近心理学に興味を持ち始めたので
明日にでも本屋さん行ってきます!(突然)
LINEお問い合わせで出勤表も
私の出勤も確認していただけますので
是非LINEお問い合わせ、
もちろんお電話でもお問い合わせ
お待ちしております?
癒しを与えられるよう心をこめて( ^∀^)
ではルームでお待ちしております
エリカ