一流職人がこっそり教えてくれる説教の真実

深夜の恵比寿ガーデンプレイスでの話。
ジムの帰りに暑かったので、
恵比寿ガーデンプレイスのベンチに腰掛け、夜風にあたり、涼んでいました。
特に最近は湿度も高くてめっちゃ暑いですよね。。。

僕は嫁にバレないように、3日連続でアイスクリームを食べているほどです。
(バレると「くれ」と言われるため、、、、)

僕がベンチで涼んでいた時の時刻は23時過ぎだったのですが、
平日にもかかわらず人が多く、、、、というかカップルが多く
深夜のベンチは僕以外は全てカップルで埋まっていました。

で、絶妙な薄暗さと、ほどよいベンチの間隔がそうさせるのか、
妙にカップルがイチャついています。。。。。
「深夜の公園」とかって妙にイチャついている人多いですよね?
恵比寿ガーデンプレイスの夜ってあんな感じの雰囲気なのです。

もちろん、この日も例外ではありませんでした。。。。

ちょっと今の状況を整理してみましょう。

イチャつきのメッカの恵比寿ガーデンプレイス。
薄暗い深夜23時30分。。
周りのベンチはカップルだらけ。。。

えー、ま、、まあ。。、細かい描写はあえて控えさせていただきますが、、、、、

ちょっと涼もうと思ったのに、めっちゃ気まずい感じというか
場違いな感じがして、すぐにベンチを後にすることになりました(苦笑)

このカップルたちが、なぜイチャつくのかというと
「そういう雰囲気だから」
なんだと思うのです。
例えば、
同じ場所であっても、真昼間だとイチャつけないでしょうし、

夜だとしても、周りのベンチにデヴィ夫人みたいな人ばかり座っていたら
説教されそうでイチャつけないと思うのです。
って事は、

「雰囲気」がイチャつきやすい雰囲気だからイチャつけるのです。
もっというと、

「みんなイチャついているから」自分もイチャつけるのです。

これって、「成功」とか「稼ぐ」とかもたいだい同じです。
「自分の周りがみんな稼いでいる状態」って

「みんなイチャついている状態」と同じような感じなのです。

例えば、周りが誰もイチャついていない状況で
自分達だけイチャイチャするのはめっっっちゃ抵抗があると思うけど、

みんなイチャついていたら、このカップル達のように自然とイチャつけるものだよね?

そんな感じで、

あなたの周りの人がみんな稼いていたり、成功しちゃっている人ばかりだと

あなたも自然と抵抗なくその状態になれちゃうものなのです。
逆にいうと、周りが全然稼いでいない環境で自分が稼ぐというのは、

誰もイチャついていない場所でイチャつきはじめるくらい難しいことだぞwww

「イチャつき」も「金儲け」も環境次第。

今のあなたの周りの人、、

 

 

イチャついてる?

 

 

椎原 崇

 

 

 

 

椎原崇の情報はメルマガを中心に発信しています。

 

メルマガは大変多くの方に購読いただいており

「毎日メールが来るのが楽しみ!」

「マンガを読むように読めてめっちゃ役に立つ!」とめちゃめちゃ好評です!!

僕のコンサルや講座、お楽しみイベントはメルマガのみでご案内することがほとんどなので、

ぜひメルマガ登録しておいてください(*^^*)

もちろん無料で、ウザくなったら速攻解除できます。

 

 

「椎原崇公式メルマガはこちらから」↓

 

 

 

変わらなきゃ説教

間に合ったーーー
久しぶりのビッグウェーブでした。

連休中は無かったのになぁ…
13時、パートから帰りました。

『ねぇガッツ、YouTubeはもう終わり今日は何して遊ぶ』

『うーん、またこはるちゃんとイオンモールかな』

イオンモールは行かないけどね
ブランコしながらこはるちゃんを待ちます。
2人が揃い、さて何しようかー。
とりあえずおばあちゃんとこへ行ってみようか。  

あ、セミだ
死んでるのかなー
でもたまに音がするねー。
ジジジジーーーーと最後の力を振り絞り飛んで行きました

ガッツ凄い形相で一目散で逃げます(笑)

おばあちゃんのお部屋でアイスを食べて涼みます。
子供達退屈するかなーと思いましたが、二人ならどこでも楽しいようです。
そして、
やっぱりイオンモールへやって来たんですが…。

こはるちゃんが拗ねちゃいました。
先に外の滑り台で遊んでから、サーティーワンアイスを食べると約束していましたが、やっぱり先に食べたいと言い出しました。

今までの私なら『うん、じゃあ先に食べようねー』と言う通りにしていたと思うんですが、ベビーカーから下ろしたモンちゃんは大ハシャギで遊び始めた所だったのもあります。

直ぐにベビーカーに戻すとキーキー怒るかもしれないので、『じゃあここでちょっとだけ遊んでからでいい少しだけ遊んでアイス食べに行こう。その後に滑り台でゆっくり遊ぼうか』と、妥協案を提示しました。

しかし今日のこはるちゃんはいつもと違い『先に食べるの』と怒りだしました。

『わかったわかったじゃあ行こうかー』と言うのをグッと我慢しました。

『ねぇこはるちゃん、先に遊ぶ約束だったよね約束は守らないといかんのやないん』と諭すように言いました。

私に咎められたこはるちゃんはちょっとびっくりしたようで…
(決して怒って言ってません)

『アイスが食べたいだけなんよ~』と泣き出しました。

きっと、初めて私から注意されて、驚いたんでしょう。
そしてどう反応して良いか分からず泣いたのかもしれません。

さすがに泣かれると私も辛いので『じゃあ食べに行こう』と向かおうとします。

今度はこはるちゃんその場から動かなくなりました。

私も機嫌を取るように話しかけますが、それがダメだったのか『話しかけないで』とそっぽを向いてしまいました。

ここにいても暑いので、『じゃあサーティーワンまでついて来てね』とゆっくり向かいます。

後ろを振り向くと、『振り向かないで』と怒ります(笑)

私が注意したのも初めて。

こはるちゃんも私に対してこんなに怒りをあらわにしたのは初めてでした。

こう書くとこはるちゃんがワガママに見えるかもしれませんが、今日は本当に珍しかったんです。
いつものこはるちゃんなら『ちょっとだけ遊ばせてー』と言えば『うん、いいよー』と言ってくれる子なんです。
私にもワガママが言えるくらい慣れてくれたのかな

何事もなかったかのように笑顔で食べるこはるちゃん。
後を引かないのが良いところ
二人はモンちゃんの手を取り遊んでくれてます。

楽しく滑り台遊んでたんですが…

次はガッツがやらかしました

モンちゃんが滑ろうと滑り台の上に座った瞬間、笑いながら後ろから突飛ばしたんです。

そこで私は怒りました

危ないでしょー!!!!

体勢が崩れ頭打ったりしたら危険です。

ガッツにはもちろん遠慮なく叱り飛ばしました。
言ってもさっきのとは質が違います。

こはるちゃんは良くある幼い子ならではのワガママ。
ガッツのは危険な事、意地悪な事、絶対やってはならない事です。

滑り台からガッツを引っ張り出し、
後ろから押したら、顔や頭を打って怪我をするかもしれない事。

モンちゃんだけではなく、こはるちゃんや他のお友達にも絶対にやったらいけない事。
人目も気にせず説教しました

そして今度は車に乗る時、こはるちゃんを後ろから押し退けて我先に乗り込もうとします。

私、またここでも叱りました。

もう、ゲンコツしました

今日の車の乗り降りの時、ずっと我先に押し退けて乗ったり降りたりしてたんです。

これもとても危ないんです。
ガッツが後ろから来て押し退けて先に降りようとした時には、こはるちゃんがよろけました。

そのつど叱るんですが、全く直さないので、それでとうとうゲンコツなんです

今にも泣きそうな顔をしていましたが、本当に何度も何度も同じ事を言われてもやめないので…

車内で諭すように話すと…
ガッツの頬に涙がツーと伝いました。

これで分かってくれただろうか…。
懐かしい、煙玉。
ラジコン遊び。
水鉄砲。
遊んでいたらママが迎えに来ました。

今日の出来事を報告。

ダメな事はお互いの子供に遠慮せず注意したり叱るようにしようとなりました