脱稿で時代の先端を行く

「前回のマルノートを見て歯ブラシを
クリニカにしてみましたー?」
と言いに来てくださった
スーパー素敵読者様が…
まぁいなかったんですけど
とりあえず脱稿しました
(文字大きくするのこっちだ)

カラー練習しとけって言われたのでこれからちょっとずつ頑張ります。絵の具ヘタだ!コピックも別にうまかないけど!!!爆orz











作業途中すごく言いたいことがあって
更新しようとした時がありましたが
絵を1枚以上貼り付けておくという自分ルール(初耳)があるし、
なんだか僻んでばかりの記事だったので控えました。
要するに、
【原稿中に人様の絵を見るのは
本当にやめたほうがいいな】
という内容でした。
わかっていたけどやっぱり
上手い人を見ても落ち込まないなんて
至難のワザですね
それでもなんとか!
「とりあえずやって。
泣きたくなるのはわかるし目標は遠すぎるけど
今は頼む最後までやって。
ここで止まってはだめなんだよ」
と踏ん張ってなんとか完成させました。
漫画を描き上げるってすごいことだなって
描き続けるってもっとすごいことだなって
今回本当に身に沁みました。
描けない自分や周りの目に
どれだけ耐え続けられるか。
逃げたくなる自分を押し殺して
どこまで夢が見られるか。
画力が追いついてないってきつい
すごい人見るとついつい思います
ねえねえ手

交換する?














(こわいw)
今回の作画期間はちょうど1ヶ月でした
何ページかはヒミツ(なんで笑)
やっぱり下絵に時間がかかります。
だいたい決まって20日くらい
(あれ?決まってるってことは成長してない?)
時間がかかりすぎている…
なぜか、描けないからだ!!!
もうちょっとこう早く!正確に!
描けるようになんないかなぁ…
あと、カラーもうまく!
線も少なく迷いなく!
あとあと!(欲張り)
加えて相変わらず
自分が描きたい絵柄は編集の望まない絵で
こうやってアメブロに落書き載せて
「うぃ?楽しぃい」って調子に乗っていると
いざ原稿に入った時
下絵の直しがもう散々でとんでもなく焦ります
毎度こころがえぐられてって
いつまで持つか正直不安です(だってそうガラスのハート、薄めのガラス)
漫画や絵の酷評受けた時のあの
自分という人間を否定された気分は
どうにかならんのでしょうか
自分が好きでかつ編集が望む絵って
すごく難しい…
もちろん絵柄だけでなく
デッサン狂いの直しもあります。
そっちの時の編集とのやりとりを
とくべつに一部公開。(上が担当氏)
「この人ちょっと顔でかくない?」
『そういう人なんですよ』
「ここはたぶん真顔になると思うんだが」
『変わってる人ですよねぇうーん』
「急に身長差おかしくない?」
『たしか段差あったような』
「これ少し顔潰れてないか?気のせいか?」
『俯いてるからですよはっはー』
…いや、直しましたよ。
おっしゃる通りだから。
チョビッと(←)くちごたえするけど
ちゃんと直すんですよ!
小さく足掻くくらいいいじゃない!
適当じゃない!頑張って描いたんだから!
担当氏ももう
「うんはいはい直してね」って流しちゃってるし!!!oh!
次は
青年誌で変態漫画描きたいな(どうした)

出遅れ七夕。

えっとお願いはーー
途切れない集中力に、デッサン力、
湧き出るアイデアに、打たれ強い心
それから速筆能力と憧れられる画力にぃ
あとあとぉ!(だから欲張り)
そういえば前回
「嫉妬のエンヴィー」って
「頭痛が痛い」みたいな言い方をしましたが
そういうミスじゃなくて
エンヴィーを想像しながら言いました。
↑こういうやつです
第1期の隠れラスボス感が山口様の声と相まって好きでした。
そしてあちらこちらで企画とかやられてて
どれも見応えあって素敵でした。
なんでマルオも便乗します。
ぼっち企画やります。
って言っても勝手にテーマ掲げて普段通り絵描くだけですがわらわらケタケタ





題して!
勝手参加型



そうそうそんなことより←
MOWっていうアイスを食べるときは

カッチカチからこ
こまで柔らかくして

食べるんですよ!!!!!!!
ここまでくればもう(MOW)
牧場のソフトクリーム!!!!




そのまま食べてる人いたから
ツッコミたかったぁ……
「ならスーパーカップでええやん!」って
貸してみ!?」って
うざw

試し塗りしようと思ったけどこの範囲で飽きたので直でやりましたが残ったこれがもったいなかったので

固くなった余りの絵の具にゴシゴシお水をなすりつけてなんとか塗った。汚い
今日はここまで。
最後に面白いお子様がいらしたので
その4コマでサヨウナラ(叩いてないよ!)

脱稿 理髪に行って利発になろう

 

特別なことがない日常が

実は一番心地がよく、

心落ち着くもの。

 

床にゴロゴロしながら

それを確かめるかのように、

腕の中でぐねんぐねんする

ぬくもりを感じながら、

至福を味わうこの瞬間。

 

 

==============

 

やっと家に戻りました。

ハナをペットホテルに迎えに行った時、

ハナは私を見るや、かなり高めの

パーテーションの上に、両手でバランスを

取りながら、乗っかっていました。

 

 

意味分かる?

 

 

すごいジャンプ力とバランス力。

ガラスで仕切られた私を見た時に、

嬉しくて、パーテーションの上に

乗っかって腕をぷるぷるさせながら、

ぶら下がってました・・・汗

 

 

私はガラス越しに、

「落ちる!落ちる!

危ないってば!!!降りなさい!

ハナーーーーーー!!!!」と

言っていました。

 

 

そしてやっと家族全員が揃いました。

先日LINEブログに家族全員

なんて記事を書きましたが、

寂しい気持ちは読者さんので

シャッキーーーーン!となり、

また仕事に集中できたのでした。

 

 

マイケル手帳の脱稿も終わり、

のんびりする間もなく、

もう10月出版の本の加筆修正に入っています。

 

 

まるで作家みたい・・・

と時々つぶやいては、ああ、作家だったのかも、

と改めて立ち返るのです。

ときどき自分が誰かわからなくなる時もあります。

ワンネス過ぎてなの?(笑)

 

 

ブロガーであり、作家であり、

そして実業にシフトしていて、

50代の中年であり、昔で言ったら、

初老の域に入っているわけですが、

ただただ淡々と、コツコツと、

いっこいっこ、こなしていく毎日です。

 

 

しかし、そろそろ充電切れ。

旅行に行きたい。行きたいけど

ハナとマイケルと離れるのが嫌、

 

 

という板挟み状態のまま、

今日から約10日間の間、

また引きこもり生活を楽しむのです。

 

 

何にもないかもしれないけど、

スペシャルじゃなくても、

普段何気なくある小さな幸せに

もっともっと気づき、気づけば、

もっともっと幸せを堪能できます。

 

 

何があってもなくても、

ご飯食べて、笑っていられたら、

それだけで十分だと思えた時に、

さらなるよい状態に上がっていきます。

 

 

みなさんの幸せ度がますます

アップしていきますように。

いつ死んでも悔いがないように

毎日を精一杯生きていけますように。

あなたと、あなたの関係する人の笑顔が

ますます増えていきますように。

あなたの愛する人がもっともっと

笑っていられますように。

 

 

 


LINEブログ 
Instagram 
Facebook 
Twitter 
あなたのLINEに
ブログ更新のお知らせが届きます。
よかったら友だち追加してね。

    

 

 

1,512円
楽天