下北沢で説教が流行っているらしいが

日記 - 説教

説教 日本って、おじさんとおばさんの国なんだ。

チャオーーーーーー!!!!
泳ぎ方の教え方についてたっっくさんのコメントありがとうございました!
そうか・・っ!息継ぎは「パッ!」って言えばよかったんだ!
立ち泳ぎになっちゃうのは顔がおへそを見てなかったからなんですね。そういえば私自身もそうやって教え込まれてましたね。
水泳とは無縁の生活をすること数十年。すっかり忘れていました。
いきなりクロールを教えるのは無謀だということもわかりました(笑)
でさ、その後談が少し残っとるんですわ。もういいよって声聞こえてきそうだけどちょっと書かせて。
私の一存で補習に参加することに決めた翌日、
学校から帰ってきたちゅんたんのランドセルを開けてみたら、
え、なんで!!!

参加申込書、提出してない!!

ちゅ:「あ・・・。忘れてた・・・」
チッ!持ち前の物忘れのひどさ披露してんじゃないよ!
あーた、まさか、
ワザと出さなかったんじゃないだろうな。


私:「明日こそ絶対出してよ?!
明日出さなかったら三連休明けになっちゃうんだからね!?ね!?」
って、
めっちゃ念を押したのに、
翌朝机の上を見たら・・・

ヒデブー!!!

机の端っこのほうに連絡袋がコロンと落ちとる~~!!!


なんでやぁぁーーー!!!
なんで、絶対持っていけよって言ったその直後にランドセルに入れへんのんやっ!!
ほんまにワザとやってるんちゃうやろな。

学校から帰ってきたちゅんたんを捕まえ、
もう、補習とか水泳とかそんなんの以前に、
何ゆえこんなにも忘れ物するんかっちゅー説教。(何度目)



ワザと忘れてるつもりはないらしく、
本当にド天然のうっかりさんなだけなんだけれど、
どうやらある事に気がついたらしい。

今気付いたんかい!!
おそっ!!!


三連休明けの今日、よーーーやく無事に提出して帰ってきたわ、はーしんど。
もうすぐ夏休みが来ることを指折り楽しみにしている彼。

小学3年生、三食昼寝付きテレビ三昧生活を貪欲に求めてる姿勢が
無性にイラっとする(^o^)/なんやこいつ。

がしかし
夏休みに思いを馳せるたびに
思い出すらしい。
そうだよ!!
補習があるんだYO!!!
しかもさ、
せっかく「補習は泳げない子の集まりだからみんなどっこいどっこいなはず!ちゅんたんだけじゃないよ!!」って励まして行く気にさせたのに、
なんかよくわかんないけど、ちゅんたんが言うことには、
補習じゃなくても来たい子は来て泳いでいいっていうことになってるらしく
残念なことに
本日、その新情報を仕入れて帰ってきてしまった。
(転校してきた小学校なので親も子もシステムがよくわかってません)
なんか?よくわからんけど・・・?
泳ぎが得意な子も来る可能性があるらしい。(悲報)


どっこいどっこいの集団で泳ぐ練習するっていうから行く気になったのに、
みんないっしょくたに泳ぐとなればまた話は別なちゅんたん。
今日はまた振り出しに戻ってしまった。
いや、大丈夫やって!!
とりあえず初日行ってみよう!!
一回行ってみて
もう絶対無理っ!!明日もこれ行かなあかんねやったらもうゲェ出る!死にそう!!!
ぐらいにしんどいんやったら考えよう。って説得した。(どんな説得だよ)
ちゅんまるくん、
アゲ~↑からのサゲ~↓で、アゲサゲ忙しい。




ちなみに保護者である私にとりましては、
サゲ~~からのサゲ~~~でサゲがとまりましぇん\(^o^)/ヒデブー!!(恐怖の夏休み!)
いつも読んでくださって&コメント・いいねありがとうございます?
リブログ大歓迎です。許可不要です^^ご自由にどうぞ。

・・・・・・
ウーマンエキサイト
こちらはブログとはまた違った真面目なこと語った記事が多いです。
今回のテーマは、
↓↓↓


よかったら読んでみてください^0^



・・・・・・・・・・・・・・
すくパラ。

こちらは短めの四コマ(?)です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年12/8に本が出版されました。

1,080円
楽天
こちらは電子書籍↓
1,080円
楽天

 

説教が登場!

夫の行方不明騒動後、婚姻費用調停の席で調停人さんに薦められたのは 

自分で準備すること

でした。
夫は、調停には遅刻せず来るのですが、準備物はほとんど持参しませんでした。
調停さんと書記官さんのアドバイスで、私は動き始めました。
手始めに、裁判所の帰り道。
夫の会社に電話をしました。
総務課の方が出てくださいました。
行方不明の時に電話をくれたYさんです。
Yさんに、控除証明などの資料をお願いすると快諾してくれました。
そして
「その後、どうされていますか?気になっていたんですよ」

と言葉をかけていただきました。
 
こちらは生活としては困っていないこと、子がこちらに越してきたことと父親に会いたくないと言っていること、夫の緩慢のせいで調停が進まないことを伝えました。
そして、気になっていたことを思いきって聞いてみました。
「夫はなぜ会社を休んでいるのでしょうか?
派遣社員のつち子さんに会いたくて、毎日会社に行っていたはずですが」
するとYさんは、そうですかと言った後
「つち子さんのことについては、私たちも聞いているので、直接面談をしました。
これはつち子さんに聞いてから、夫さんにも確かめたので間違いないと思うのですが…」

そう言って、ひと呼吸置いた後、

「夫さんが会社に来ない理由は、つち子さんではないようです。
実は、つち子さんが紹介した友達のことをを好きになり、遊んだりはしたようですが、結局フラれたようです。
そのショックで秋ごろから仕事に来なくなった、というのが真実のようです」

秋ごろとは、私たちが別居をする少し前のことです。
つまり夫は、妻が家にいるにもかかわらず、派遣の友達に入れあげ、フラれたショックで休職したと。

あきれて声も出ないとはこのことでした。
夫は、家族がいようがいまいが関係なく、遊び歩いて女を作り、破天荒なのかと思いきや、女にフラれた程度のことで、会社に行けないほど傷ついてしまったのです。
えー、もう
クズ過ぎる。
お前はJKか。
そのせいで仕事休むとか、意味がわからない。
あきれてしまった私に、Yさんは話を続けました。
「実は先週、夫さんと義両親さんに会って、話をしてきました」

Yさんには、夫が休職中に、東京のLIVEに出かけていたことや、飲みに出歩いて家に帰らなかったこと、この教育資金を使い果たしたことなどをぶちまけてありました。
それについて話してくれたそうです。
「夫さんに親を呼び出させて、二時間説教しておきました。
親子揃って全部奥さんのせいにしていたので、
家にお金を入れないことも、夜な夜な遊びに行ってることも全部知ってるぞ!
子供に慕われたいなら、ちゃんとしろ!
と言っておきましたよ」
と言われ、この歳になって怒ってくれる人がいるなんてありがたいことだと思いました。
でも、このYさんのご尽力も虚しく、夫の態度はますます荒れていく一方。
そうこうするうちに2回目の調停の日になりました。
関連記事
トラックバック
トラックバックURL