執事 誰も、追いつけない。

★ご注意★

・当ブログは5人を愛ゆえに非常にいじっております。

・ユーモアのわかる大人のみ閲覧をお願いします。

・平和主義をモットーにしておりますので攻撃的な方のご訪問はご遠慮ください。

・加工画やBL色の強い妄想等が載っておりますが、全てフィクションです。

 

 

 

 

本日すごく滾ったので記事化///

お久しぶりのショタユンジェ!短いス!

 

 

 

 

 

15:00 小学校校門。

 

 

「ふぅ、少し早くついたな・・・本でも読んで待つか・・・」

 

ユノ(中1)

ジェジュン家使用人の倅。

ジェジュン坊ちゃん(小6)の身の回りの世話をしている心優しい少年。

坊ちゃんを毎日小学校まで送り迎えするのが日課です。

 

 

 

「キャーキャーー!あの人今日もいる!」

「名前なんて言うんですか///わーキャー///」

「かっこいい///キャーー!」

 

 

 

「ごめんね、坊ちゃんの声が聞こえなくなるからね・・・」

 

「声ちょ~とだけ小さくしてもらえるかな?

 

「「キャ~~~~///」」(結局)

 

 

 

 

『待たせたな・・・ユノ~~~!』

 

「坊ちゃん!///え!?」

 

『ユノ~みてくれ~!』

 

『どうだ!すごいだろ!補助輪なしで乗れたぞ~~!』

「ぼ、坊ちゃん!!」

 

 

 

 

(内股・・・感涙!!!)

 

 

 

 

『ユ、ユノ・・・!みて・・・!』

 

(グラグラ グラグラ)

 

『ユノみたいに・・・た、立ちこぎも・・・できるんだ・・・ぞ!』

 

 

 

「うう・・・くっ・・・!!」

クソ!耐えろユノ!

ここで手助けしたらがんばってる坊ちゃんの心が木っ端微塵だ!

 

 

 

『わ!わ!わああああ』

 

「ぼっちゃーーーーん!」

 

ドーーーーン(結局)

 

 

 

 

※マンホール、ショタジェの宝庫(大歓喜)

「まだまだ練習するのだ!」

 

なにこれENDw

ジェジュンの天然ショタ力すぎょいwww

 

 

 

おまけ

夏色ユンジェ~

『この長い長い下り坂を~~♪キミを自転車の後ろに乗せ・・・わ!わ!』

 

ドーーーーン(何度目)

 

 

 

 

何が言いたいかというとですね

マンホールジェジュンのショタ力楽しみすぎますし、

このユノ見つけて小一時間息してませんでしたし(え)

 

天使か!!!

未加工ショタンホの破壊力すぎょいTT

 

毎日暑いですが、皆様夏バテしませんように

 

 

 

 

■追記■

 

「ユノ・・・坊ちゃんの顔の傷、説明してもらいましょうか?」

「内容次第では・・・分かってるな(鞭シュルル)」

 

シム執事(ドS)

※答えがどう転んでも折檻の刑です(通常運転)

※何度も言いますがユノいびりはシム執事のただの趣味です(キリッ)

 

 

 

 

「あっ、シムさんすみません」

 

「坊ちゃんお疲れなんで、今日は鞭の音ちょっと静かめでお願いできます?」

 

愛です愛wwwww

 

執事の人気の秘密を分析、注目のアイテムが勢ぞろいしてます

              優しい腕の中で目を覚ました
「翔さま…このまま 旅立つ事を
お許し下さい
そして…覚えておいて下さい
僕は…誰よりも貴方様を愛している事を」
目を覚まして 言葉を交わせば
別れが辛くなる
僕は そっと ベッドから 起き上がり
自分の部屋に戻った
翔さまは 佐藤さんが
大野様の お屋敷へ
僕は…父さんが 松本様のお屋敷へ
送ってくれることになっている
「雅紀…もう行くつもりなんだな」
「はい…このまま…」
「私の方も 準備は 出来てるよ
支度ができたら
車に 来なさい」
「父さん…ありがとう」
僕は 身支度を整え
今まで暮していた 別館と
まだ 眠りの中にいる
愛しい人のいる お屋敷に
「ありがとうございました
行って参ります」
深々と頭を下げて
父さんの車に乗り込んだ
「旦那様の 深いお心使い
決して 無駄に する事のないように
将来 翔さまの お役に立てるように
しっかり  学んでくるんだぞ」
「はい……父さん
いろいろ ありがとう…」
「身体に 気をつけるんだぞ…」
「はい…父さんも お元気で…」
僕は…松本様のお屋敷から
少し 離れたところで 車を降り
歩いて お屋敷に 向かった
大きな門の前で 呼び鈴を押した
「櫻井様の 申し付けで参りました
相葉雅紀 と申します」
そう声を かけると 門が開き
「どうぞ…お入り下さい」
松本家の執事の方が 僕を 案内してくれる
通された 部屋には
この家の 旦那様とご子息の
潤様の姿があった
「櫻井から 話は聞いている
執事としての仕事だけでなく
将来 社長となる 翔くんの
右腕となれるよう 頑張ってほしい」
「ありがとうございます
未熟な私ですが
よろしくご指導下さいませ」
「相葉くん 俺の事覚えてる?」
「はい…潤さま
数年前 キャンプで ご一緒させて
いただきました
その後も パーティの席などで
お姿は 拝見させていただいてます」
「そっかあ 嬉しいな
父さん…
お願いが あるんだけど…」
「なんだ…珍しいな 潤」
「この人…俺に任せてくれない?
悪いようにはしないからさ…」
「そうだな…お前の方が 年齢も近いし
彼も 気を使わなくて 済むだろう」
「ありがとう…父さん
相葉くん そういう事で
明日から よろしく 頼むね
今日は 他の使用人達から
この家のこと いろいろ聞いて
早めに 休むといいよ」
「こちらこそ
よろしく お願い致します」
潤さまの 優しい 言葉に
少しだけ 緊張が ほぐれた
「田中…
相葉くんを 案内してあげて…」
「かしこまりました
参りましょうか?相葉さん」
「はい…
では  失礼致します」
旦那さまと 潤さまに
頭を下げて
部屋を後にした
こうして
僕の 松本家での 生活が
始まった
愛しい 翔さまの笑顔を思いながら