脱稿 男はいつだって、目を見開いたまま夢を見ている。

ドビュッシーのカンタータ《放蕩息子》の最新録音が出ることになりました。ラヴェルの歌劇《子供と魔法》と組んで2枚組で発売されます。

 

昨日紹介した、ダムラウさんの「マイヤーベーア・アリア集」と同時期に解説を書いていたので、机の周りが楽譜だらけになり・・・でも、どちらももう脱稿したので、もう書棚に戻しました。

 

カンタータ《放蕩息子》は、ドビュッシーが作曲家登竜門のコンクールであるローマ賞のために書いた課題作品ですが、この人独自の和声と、ロマン派的なメロディの美しさが絡み合っていて、初期の傑作と呼んでいい素晴らしさと思います。

 

ちなみに、ローマ賞がどういうものか、最近、フランスで研究結果をまとめた長大な論文集が出ていて(実に900ページを超える、広辞苑みたいな一冊です)、そちらを購入してあったので、それも参照しながら解説を書いていました。

 

《放蕩息子》の初演、つまり、コンクールの課題曲発表の際には、当時のオペラ界の重鎮たちがソリストとして参加。若きドビュッシーは、自分の曲が、フランスを代表する名歌手たちによって歌われるさまをどのように聴いたのかな?と思います。ちなみに、この時は、オーケストラではなく、ピアノで演奏されました。ドビュッシー自身と彼の友人が二人がかりで弾いたとのこと。

 

ところで、《放蕩息子》といえば、母親リアのアリアが有名ですが、タイトルロールの放蕩息子の歌もとても雄弁。

 

アラーニャが歌うと、本当に放浪して好き勝手やってきて、でも故郷に帰りたくなったんだという郷愁がメロディに滲んできます。それが人柄、個性と音楽の結びつきというものなのでしょう。感嘆しながら聴いていました。

 

そういえば、以前、メットライブビューイングの《マノン・レスコー》であったか、楽屋にカメラが入ろうとしたら、デ・グリュー役のアラーニャが、一所懸命《放蕩息子》のおさらいをしている姿が映し出されました。

 

「今度、コンサートで歌うので。練習中だよ!エヘヘ」

 

宣伝の意図もあったのかもしれないけれど、愛嬌ある感じで、画面を見ながら笑ってしまいました。

 

そのコンサートも無事成功して、この録音へと繋がったのでしょう。

 

 

 

 

 

ラッパのマークの脱稿

本日2投稿目

 

 

 

こんにちは、ココです(・∀・)

 

 

「曖昧劣情lover」
 全30話、無事に脱稿できました。
 
 
久しぶりのリアル設定の長編。

前作が好評だっただけにやたら

緊張したスタートでした(゚ー゚;

 

お話いかがでしたか?
少しでも萌え、悶えていただけたと
したら嬉しいです(*´ω`*)
 
今回もこうして脱稿できたのも、
いつもこちらに遊びに来てくださる
読者さんのおかげです。

それを改めて感じる日々でした。

 

毎日いただいたメッセやコメ、

「いいね!」が今回も凄く、凄く、

励みになっていました。

本当に感激です。

 

 

 

このお話のこだわりはもちろん、

アメ限の多さです!(笑)

とにかくイチャコラ満足度第一位

(当ブログ内)を突き抜けようと

思って(〃∇〃)

 

智くんたらほんとタフだわ…とか、

恥ずかしがるニノちゃんが

可愛すぎる~?とか、自分で萌え

ニヤケながら書いてましたよ( ´艸`)

 

イチャコラシーン、

ちなみに私が一番気に入ってる

のは、浴槽の中でのイチャコラ

です。

 

その前に書いた例の鏡プレイ、

あれはちょうどあのタイミングで

Mステで演出していなかったら

思いつかず書いていないので、

そういった意味でも好きです?

 

皆さんはどのイチャコラが好み

だったでしょうか?

(やっぱり鏡?

それとも最後のかな!?)

 

……そろそろ真面目なお話も。

 

 

 

曖昧な関係からスタートした二人。

 

ニノちゃんは智くんから

「仮初の恋人」と見られてると

思っていたり、他に好きな人がいると

考え、切なく、あれこれ考え過ぎて

しまうメンドクサイ奴にしてました(笑)

(私はそこが愛しいんですけど)

 

その逆に、智くんは最初から直球、

ニノちゃんに「大好き」と思っての

口説く行為なので、アメ限だけを

読んでるとただただ幸せしかない

ような落差をつけてました。

 

それでも、優しく、単純で、強引な

智くんだけをずっと魅せるよりも

怒ったりするシーンを書きたかった

のと、何となく部屋の入り口とか、

そういう場所でニノちゃんを追い

詰めたかったり、

 

大宮ちゃん二人をスイートルームに

誘いたかったので、

きっと皆さんも腹立だしかったであろう

凛子嬢に再び登場してもらおうかと^^;

 

 

あと私はニノちゃんを庇護される

だけの可愛い人…というキャラは

好みじゃいというのもあります。

(BLの醍醐味のような気もするし)

 

智くんとニノちゃん、互いを守って

守られて…みたいなのが好きなので

1人で智くんを守ろうと行動させ

ました。

 

楽屋シーンを多く入れたのは、いつも

メンバーがニノちゃんや智くんを心配

したりしていたシーンを入れて、

スイートルームへの付箋としてました。

 

 

 

せっかく久しぶりのリアル設定、

頼れるメンバーの愛に包まれてる

大宮ちゃんが書きたいと思って、

お話を書いてる時はいつもPVや

「最後の約束」、「黄色い涙」の

メイキングを観ながら書いたりも?

 

 

その他のこだわりは、毎回イチャコラ

終えたあとの二人の朝を書いてた

ことです。

 

1回目

とにかく動揺して証拠隠滅を企てる

ニノちゃん(笑)

智くんは智くんでショックだったかと…。

 

2回目

嫌われたりするよりも「仮初の恋人」

でもいいからと、切ない覚悟を決める

ニノちゃん。

 

3回目

智くんへの気持ちに漸く気づいて、

嬉しさよりも放心状態のニノちゃん。

 

4回目

ただただ幸せしかない大宮ちゃん。

この時の大宮ちゃん、きっとこの夜

4回公演はされたかと……(///∇//)

 

 

連載中にいただいたコメントや

メッセージにて、

「この台詞や、ここの心理描写が

好きでした」と皆さんによく言って

もらたえたこと、お話を深く読んで

くださってるなんだな…と思えて

とても幸せでした?

 

 

ではでは、長くなりましたので

この辺で……。

 

 

以前いただいていたコメント&

メッセをほとんど返していない

状態ではありますが、

もし宜しければ、お話の感想を

コメントやメッセにて聞かせて

いただけると凄く、凄く嬉しいです。

(さっそくたくさんのコメント&メッセ

ありがとうございます!!)

 

いつもありがたく、何度も読み返え

させていただいてますので、

ぜひたくさんの声を届けて

いただけたら嬉しいです(*´ω`*)

 

 

※お知らせでもお話したとおり、

皆さんへのお返事をしながら、

作品リストや「麗しの悪魔」、リク

いただいていた「月間ジョン」の大宮

ちゃんを書き進めたり、そのあとに

アメンバーさん募集を考えてますので

少しの間ゆったり連載になりそうです

m(_ _ )m

 

8月末に3周年を迎える当ブログ、

まだまだ頑張っていきたいと

考えています。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。